現役AV女優で、大好き

神戸市までいつも迎えに来てくれる僕のセフレは、
30代後半の綺麗系。
大人になりたての若さ溢れる乙女ですが、話し口調は非常におっとり且つ丁寧♪♪癒し効果満点の親しみやすいキュートな乙女。
アダルトショップでAVを買った後、

神戸市でご飯を食べて、ラブホテルに行った時、

濃厚なキスです。
雰囲気、仕草すべてがキュート♪
キスしながら女の子の体をまさぐってみます。
太ももから下のほうへ指を這わせて、クリを刺激。
可愛い子が腰を使う姿ってたまりませんね。
これが絶品!まさにまったりフェラ。

神戸ビーフ、革製品でもブランド化へ 海外で勝負

 世界的な知名度がある高級和牛「神戸ビーフ」のブランド力を生かし、神戸ビーフに認定された牛の皮で作った革製品を売り出すプロジェクトが始まっている。脂肪が多い銘柄牛は本来、革製品には向かないが、なめし業者が工夫を凝らし特徴のある革に仕上げる。すでに発表会をファッションの本場フランス・パリで開いており、勝負をかける先は海外だ。関係者は「ブランドの名に恥じない製品を発信していきたい」と意気込んでいる。(西山瑞穂)【写真】神戸ビーフに認定された牛の革で試作した製品 ■パリで発表会

 今年1月、神戸市などがパリの「アトリエ・ブランマント」で開いた発表会。集まった有名ブランドのデザイナーやバイヤーら約400人が、「神戸レザー」と銘打って試作された靴やカバンなどを手に取り、「商品化すれば世界ブランドになる可能性がある」と興味を示した。

 革のブランド化は平成29年末、市が革小物業者から「神戸ビーフの革を商品化できないか」と相談を受けたことがきっかけ。市も検討を始めたが、神戸ビーフは解体された但馬牛の肉に対して認定されることもあり、解体時の副産物としてまとめて引き渡されていた牛皮を選別することが最初のハードルになった。

 市は業者と協力し、但馬牛の皮まで個体識別番号で管理する方法を考案。商品化の前提となる皮の供給にめどをつけた。

 ■日本らしさ鍵

 とはいえ、最高級の牛が最高級の革になるとはかぎらない。なめし業者(タンナー)の全国団体「日本タンナーズ協会」(兵庫県姫路市)によると、なめしには脂を抜く作業があり、脂肪が多い銘柄牛の加工には高い技術力が必要でコストもかかるという。さらに神戸ビーフに認定される牛は皮に厚みがないという特徴もあった。

 だが、協力する同市のタンナー「大昌」の大垣昌道社長(60)は、このような特徴こそが「『革は自分たちが1番』という意識が強い欧州で、日本オリジナルを売り出す鍵になる」と指摘する。

 大垣さんは試作品では通常のなめしを行ったが、本格的な商品化に向け、日本の伝統で姫路に伝わる「白なめし」を踏まえた技法を使って革の強度を高めることにした。脂肪分をあえて残して仕上げることで色合いに深みが生まれ、使い込めばダメージも“味”になっていくといい、「日本のなめしの知恵もアピールできる」と強調する。

 ■松阪や飛騨も

 神戸ビーフ以外の銘柄牛でも、革製品を作る試みは行われている。「肉の芸術品」といわれる三重県の松阪牛は、三重県松阪食肉公社の提供を受けた東京の時計ベルト大手「バンビ」が10年以上前から腕時計バンドや財布として商品化。使ううちにエナメルのような光沢が生まれると評判だ。

 岐阜県の飛騨牛も、皮の卸売りを一手に引き受けていた「高山化成」(同県高山市)がブランド化の取り組みを開始。丈夫さとしなやかさを備えたランドセルが目玉で、23年には飛騨牛革製品の専門店「ヒダ・カーフ」を開いた。

 ただ、いずれも販売は国内や地元が中心。海外で評価を受けて価値を高め、国内への「逆輸入」にもつなげようと官民一体で取り組む神戸の本気度は際立っている。今後は、神戸ビーフの革を活用していくため、メーカーやデザイナー、タンナーなどで構成する団体を設立する予定だ。

 神戸市の担当者は「神戸ビーフの革も地域ブランドにできるよう、全力で後押ししていきたい」と話している。

 ■神戸ビーフ

 兵庫県内で育てられた但馬牛が食肉センターで枝肉へと解体された後、メス牛かオスの去勢牛で、肉質などの特別な基準を満たした肉だけが認定される。一般には「神戸牛」とも呼ばれるが、生きている「神戸牛」はいない。明治以降、神戸港にやってきた外国人らに評価され、世界に知られるようになった。